2019年12月5日木曜日

あなたはあと半年の命

「あなたはあと半年の命です。」
と突然死亡宣告されたら?

その半年の間にやりたいという活動を書き出してみました。
あなたは何をしますか?




・遺言を書く
・私物を整理する
・楽器を演奏する
・料理を振舞う
・昔の友人を訪ねる
・有名人に手紙を書く
・好きなアーティストのライブに行く
・読書をする
・映画を見に行く
・自伝を書く
・服を作る
・家を掃除する
・海外旅行に行く
・クルーズに行く
・詩を書く
・果物狩りをする
・地元の観光名所に行く
・木の家に泊まる
・本を書く
・マッサージを受ける
・性格を改善する
・特別大事な人とじっくり話す
・ビーチに寝そべる
・美術館に行く
・ジグソーパズルをする
・哲学者になる
・手相を見てもらう
・電車旅をする
・フリーマーケットに行く
・スカイダイビングをする
・オーケストラを聞きに行く
・オペラを観に行く
・コース料理を食べる
・懐石料理を食べる
・農業をする
・砂金を探す
・日光浴をする
・子供たちと遊ぶ
・図書館へ行く
・バイクの免許をとる
・スキューバダイビングをする
・写真を整理する
・月を見る
・雲を観察する
・星を眺める
・ユニークな家を設計する
・外国に住む
・新しいクラブに入会する
・歌い方を習う
・洋服を買う

これらの中で一番、自分を最もワクワクさせるもの、一番充実感が得られるものは何でしたか?
POINT

それは、今すぐ始めるべき活動です。
明日、あるいは来週などと言っていてはダメです。
人生は永遠に続きません。
誰にも自分の寿命はわかりません。
あと、半年、いやもっと少ししか生きられないかもしれません。

毎日毎日を充実させましょう。

0 件のコメント:

コメントを投稿

退職後の目的を持つ

 退職後に、何らかの目的を持たなければなりません。  勤勉な人は、職場では物事の進め方を承知していますが、仕事を失い、多くの自由を手にすると、とたんに自分を見失ってしまいます。高い生産性と業績から得ていた自負心も粉々に打ち砕かれます。こういう人は、生きる目的を職場に決めてもら...